スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベラスケスもデューラーもルーベンスも、わが家の宮廷画家でした 
機会に恵まれたので見に行ってきました。
記事タイトルはハプスブルグ展ポスターに載っていたサブタイです。秀逸ですね。


Theハプスブルグ 東京展


目玉はなんといっても



未来の国母、11歳の若きマリア・テレジア



シシィの愛称で今も愛される美貌のオーストリア王妃エリザベート

この二人の肖像画でしょう。
月曜日だというのに待ち時間は無かったものの、館内は人でいっぱい。
客層も初老のご夫婦からスーツのリーマンお兄さん、制服姿の女子高生まで多様。
垣根無くハプスブルグ家の美術コレクションに魅了された人々でごったがえしておりました。

↑のような小さな画像でも素晴らしい絵画である事は十分にわかりますが
やっぱり本物はそれ以上に引き込まれるものがありました。
特にエリザベートの肖像画はほぼ等身大といいますから、縦幅が2m近くもある
迫力ある絵画で、会場内でも特に人だかりができている絵の一つでした。
エリザベートの髪を飾っている星型の飾りは、オペラ魔笛に出てくる夜の女王を模して
作らせたものらしいです。そういえば魔笛はドイツオペラでしたな。

そして、個人的にいいなぁと思ったのが

受胎告知

エル・グレコの受胎告知です。
ガブリエルイケメンすなぁ(n'∀'n)

絵画に関しては素人なのでこれもウィーン美術館所蔵なのかなと勝手に勘違いしていましたが
少し調べた結果、日本の美術館が所蔵していると知り驚きました。
しかし、なぜハプスブルグ展にこの絵が?と再び疑問が生じましたが、作者のエル・グレコは
ヴェネツィア共和国出身で後にスペインに渡ったらしいので、そのどちらとも縁の深い
オーストリア王家の所蔵品だった事もあったのかもしれません。
単にその時代の代表作的なノリで展示されていただけなのかもしれませんが。


***


新宿のでかい本屋に住みたい……
あの渡り廊下みたいなとこに住んで毎日通いたい……
スポンサーサイト
履行←これ読めなかった 
ニホンゴむずかしい中の人涙目
さて、前回に引き続きかっこいいイタリアのおはなしです
ローマ最盛期以降で男義溢れるかっこいいイタリアはこの時期だとおもう

時は19世紀後半。
統一国家としてのイタリア王国を成立させたイタリアは
残る旧イタリア領のヴェネト・トリエステ・ティロル等の奪還に躍起になっていた。
そこでオーストリアとドイツ統一を巡って争う新興国家プロイセンに目をつけ
普墺戦争(7週間戦争)に組し、完全なるイタリア統一を図ろうとした。
第三次イタリア独立戦争のはじまりである。

<各国の思惑>


小ドイツ主義のドイツ統一には打倒オーストリアが必須
ロシアには先の戦争で大きな貸しがあるから背後はほぼ安心
植民地支配に明け暮れ欧州に目を向けないイギリスは無視していい
最大の問題はフランスの介入を防ぐことだ


プロイセンと共同獲得したエルベ公国をプロイセンにカツアゲ同然に売らされました
国民の怒りは凄まじいし、財政難だけどプロイセンとの軍事的衝突は避けられない


今は欧州に目もくれないが、いつかイギリスは最大の敵になる
その為にも同盟を組むべき中規模国家は多いにこしたことはない
(でも北ドイツ統一はちょっと大き過ぎるかな)
ぶっちゃけ欧州の混乱は歓迎だよ~☆


前回フランスに裏切られたけど今度こそ残る祖国の地を取り戻そう
統一イタリアにはヴェネツィアやトリエステ・チロルが必要だ


***


<各国同士の密約 / 時系列順>

仏⇔普
・マイン川以北の北ドイツ統一国家設立なら黙認する
・普伊間の軍事同盟成立を支援する
・フランスによるベルギー・ルクセンブルグの併合に同意する
・ライン川左岸のプロイセン領をフランスへ譲渡

普⇔伊
・普墺戦争開戦と同時にイタリアの参戦義務
・同盟国に無断で終戦できない
・プロイセンのエルベ公国併合とイタリアのヴェネト州奪還を認めあう
・三ヶ月以内に開戦なき場合条約は失効する

仏→伊
・プロイセンとの軍事同盟締結を推奨

仏⇔墺
・フランスは厳正中立
以下オーストリア勝利の場合に限る
・プロイセンのライン川左岸を新独立国とする
・フランスはオーストリアの領土拡大を容認する
・ヴェネト州をイタリアに返還する

ここでオーストリアとの方に利があると確信したフランスは
仏墺密約に従って、早速イタリアに圧力をかけてくる。

仏→伊
・普伊密約を解消すべし
・上記が守られた場合、ウィーンはヴェネト州を無償で返還する

フランスは普墺どちらが勝ってもライン川左岸を手に入れる。
同上でヴェネト州をイタリアに返還できる。
外交で三枚も四枚も上手なフランス皇帝ナポレオン三世はパリから一歩も動かず
自軍を一人も動かさずして領土を手に入れようと画策したのである。
しかしここでフランスの計算が狂った。

――新興なった統一国家イタリアの名誉の問題だ。今更友邦を裏切れるか。

として、イタリアは普伊密約の履行をナポレオン三世に回答した。
フランスに従えばヴェネトを無償で手に入れられたが、フランス経由で取り戻すより
戦って奪い返せと満場一致で採決したイタリア国会はかっこよす*´q`
でもさんざ褒めといてあれだけど、イタリアだからしっかりオチもあるよ!↓


***


しかしこの後調子に乗ってエチオピアに攻めたイタリアは当時の最新装備
(飛行機・戦車等)を用いて、更に宣戦布告無しでエチオピアに侵略戦争をしかける。
武器は槍・弓矢・火縄銃・運搬手段は馬車・伝達手段は太鼓か狼煙のエチオピア軍に
イタリア戦線は崩壊の危機を迎え、毒ガスまで使って辛くも勝利をおさめた。
…イタリアが弱すぎるのかエチオピアが強かったのか。
ともかく、これが20世紀半ば、ほんの75年くらい前の戦争とは思えない(゚∀゚;)


***


【履行】り‐こう

名](スル)

1 決めたこと、言ったことなどを実際に行うこと。実行。「約束を―する」

2 債務者が債務の内容である給付を実現すること。
  履行は債権の効力の面から、弁済は債権の消滅の面からとらえていう語。

だ、そうです。


***

キモい妄想なのでひっそり主張。
唐突に英←←←普がまいぶーむです
先進国イギに淡い憧れを抱く新興の後進国プだけど
憧れの先輩は金でなんでも解決するド外道海賊様でしたみたいなの
イギのキャラソン予約したお!楽しみすぐる^^
ここからイタリーのターンだZE☆ 
これの続き

一方、当のクリミア戦争には意外な勢力も参戦していた。

 交戦勢力

 ロシア帝国 ブルガリア義勇兵
        vs
 第二帝政フランス 大英帝国 オスマン帝国 サルディーニャ王国 ←

まさかのイタリア(北伊)である。
オーストリア帝国領となっていたロンバルド=ヴェネト王国奪還
更には悲願であるイタリア統一の下地を整える為、
オーストリアと長年対立してきた仏英両大国に組しての出兵であった。
分裂中の南伊はスペインハプスブルグ家支配の真っ最中なので頼れない。
あとの選択肢はフランスかプロイセンという嫌な二択。
でも頼る相手を選べる状況でも無いので鬼が出るか蛇が出るか
隣国のフランスと密約を交わす事にしたのである。

が、これは選択ミスであった。
ナポレオン三世率いる仏伊連合軍は激戦を重ねながら優位を確実のものにしたが
あと一歩というところでフランス単体でオーストリアに休戦を申し入れたのだ。
イタリア国民は怒り狂ったが、そもそも隣国に軍事増強支援を要請するのは
愚の骨頂である。
頼むなら敵の敵は味方、のプロイセンかロシアが妥当であろう。
しかし現時点ではフランスしか選択肢が無かったのも事実であるし(勝率的に)
また選べる立場でも無い。次に参戦する普墺戦争への地盤固めには十分過ぎた。

ここまで書いて面白いオチが無かったのでおかん三行。
イタリア弱いけど外交はすごいなぁ~
ここはミスったけど次の普墺戦争からWW2まで国益的には間違ってないお´q`


***


イタリア統一戦争について調べている過程で凄い国王夫妻を発見。
面白いので紹介。

・旦那は手袋をはめた女性の手フェチ
・妻は美人で聡明でドSで、政権を握りつつ旦那に手を差し出して色々おねだりしてた

というアクの強い夫婦…
どんな出だよこの嫁はと調べてみたら、なんとこの人オーストリアの女帝
マリアテレジアの娘にして、フランス王妃マリーアントワネットのねえちゃんwwwww
しかも母マリアテレジアに「聡明さと美しさは兄弟一で最も私に似ている」
と言わしめ一番可愛がられた、マリア・カロリーナその人だった。
ちょっとした運命の行き違いでイタリアの田舎へ嫁ぐ事になってしまったが
その一件が無かったら彼女がフランスへ嫁ぐ可能性大だったらしい。
すなわち、その後のフランスの歴史は大きく変わっていただろう、と言われている。

革命も無く近代化もせず王制を守ってのんびり欧州をまとめるフランス…
ということは増長するイギリスを阻止できる国が無いから
アメリカの成長速度が速まってもっとすぐ独立してたかも。
フランスの革命の刺激が無いからドイツもロシアも王制のまま・近代化も望めない
そんでイギリス&アメリカ二強で誰も抵抗できないと妄想すると…
色々空恐ろしい\(^o^)/
世界史対照年表 
世界史年表

ちょうわかり易い年表を発見!自分用に貼っておくます。
一番下の赤い棒に吹いた。テラ一直線w

◆歴史ネタメモ
世界史的今日は何の日( ゚д゚)ウッウー
ぷの狡猾さの具体的根拠
ちびイギ(羅馬属州時代)の処世術
Independence Day 

232年前の今日、7月4日。現在唯一超大国の座に君臨するあの国が
宗主国より独立を果たしました。
7月4日は彼の国にとっては非常に大事な日らしく、その後増えていく
州の為に☆を増やすのも全て7月4日。最初13個だった☆の数も、時
を経るごとに増え続け、27回のデザイン変更の末最後に加入したハワ
イ州で、☆の数はなんと50個!多い!!
……と思ったけど、よく考えたら日本も47都道府県で似たようなもんです
ね。一つ一つの大きさは全然違いますけど。

***

してして。
昨日この記念日のことを思い出したので、ヘタリアの新大陸アメリカ争奪戦
と倉庫掃除を一気読みしてきました。
イギの涙で子メリカはイギを選んだけど、青年メリカの独立はイギの涙では
止められなかったんだなぁ……。それまで散々兄達に嫌われてきたイギが
自分はそうはなるまいと唯一可愛がった子の、成長故の独立……。
ここまで妄想してしんみり(´・ω・`)

***

ちなみに、独立記念日に毎年行われているホットドックの早食い選手権では
ここ10年優勝者が全て日本人だそうです。
変なとこで日本人すげぇ。
争いの歴史 50の分かれ道 
久し振りに本屋へ出向いたら、面白そうな本を見つけました。

 「決戦」の世界史 歴史を動かした50の戦い 「決戦」の世界史 歴史を動かした50の戦い
(2008/05/29)
ジェフリー・リーガン

商品詳細を見る

BC480 ギリシア都市国家とペルシア帝国が激突した「サラミスの戦い」から
AD1991 米軍主導多国籍軍のクェート包囲「湾岸戦争」まで、軍事史家の
筆者が選ぶ50の〝運命の分かれ道〟を、カラー解説図付きの非常にわかり
易い装丁で紹介しています。
専門家ならともかく、一般的に知られていないような戦闘を文章だけで頭に
入れても、その地域の地理や歴史背景を熟知していないと流れがわかり難い
ものですが、本書はカラー戦闘図の他に、残された資料から引用した当時の
人々の言動をいたるところにちりばめ、快闊かつリアリティ溢れる読み心地に
仕上げられています。本格的な歴史専攻者には少し物足りないかもしれませ
んが、私のような一介の趣味人には十分過ぎる程の一冊でした。

続きに、個人的に気になった項目の感想をあげていきます。

続きを読む »

LoMで一番好きな武器はヌンチャクでした! 
ヌンチャク……ロッド……グラブ……バトルハンマー……
ああもう鈍器サイコー!

***

そんな素敵武器鈍器の、実際の特性と破壊力を検証する
動画を見つけました。

※微グロ注意

チェインやフレイルの様な鎖付きのものは、遠心力による
破壊力の増加を見込める代わりに扱いが難しいそうです。
反対にモーニングスターやメイスはさほど訓練を積まない
例えばそこいらの農民でも手軽に扱えて高威力な武器
だとか。

ステータスの1が(一応冒険者だし)一般庶民よりやや優れ
ているとして、Str90以上の相当訓練されたキャラがチェイン
を使うと更に破壊力アップ、逆にStrが1しかないキャラでも
基本破壊力の高いモーニングスターを使うとそこそこのダメ
ーじを与えられる……って考えると、重力さんも結構理に適っ
たアイテム作ってるんだなと思いました。
ちなみに鈍器の武器ダメージ補正は
・小型:75%
・中型:100%
・大型:100%
重くて振り回すの大変だから小さな目標は苦手だけど、大き
くて殴りがいのある相手なら最大限の性能を引き出せるって
ことですね!

あと、金属鈍器類は基本的に武装した目標を鎧の上から、
あるいは鎧ごと傷つけるのを目的としているそうです。
そういえば殴りプリがよく狩るモンスターって、甲冑装備してる
のが多いなぁ……。レイドリックとか、深淵の騎士とか、田村
さんとか。最近だとアヌビスやゾンビすろ太もそれっぽいです
ね。クリーンヒットすれば鎧に穴をあける事も容易みたいなの
で、クリティカル連打で殴られた日にゃあ、穴ボコボコにあいて
そうですね(((;;゚д゚)))ヒェー

続きに動画の後半と拍手お返事です。

続きを読む »

キリスト教派メモ 
欧州動乱の歴史はほぼ宗教絡みといっても過言ではありません。
米独立戦争でその暗黙の了解が破られるまでは。

西方教会…古代ローマ総司教区。単純にローマ・カトリックを指す場合も。

◆カトリック
信徒数10億以上のキリスト教最大教派。旧教ともいう。
「カトリック」の語源はギリシア語の「カトリケー(καθολική:普遍的)」
総本山はイタリア・ローマ市内の世界最小国家バチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂
カトリック信徒の比率が高い国
ラテン系:イタリア・ポルトガル・フランス・スペイン
非ラテン系:オーストリア・ベルギー・ハンガリー・リトアニア・ポーランド
日本では約44万人
十字軍は聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還する目的の為に組織された、カトリックの尖兵。

◆プロテスタント
カトリックから分派した教派の総称。
ルター派が宗教改革を求める抗議書(プロテスタティオ)を送った事から抗議者(プロテスタント)
と呼ばれるようになった。

◆英国国教会
連合王国の国教。プロテスタントに分類されるが、教義的な問題ではなく政治的問題で分派したため
典礼や教義はカトリックに順ずる点が多い。
イングランドのケント州カンタベリー所在のカンタベリー大聖堂が総本山である。
近年初めて女性司祭が叙階された。

東方教会…西方教会の対語。古代キリスト教四総主教区(旧東ローマ帝国の管轄区域)を指す。

◆正教会
西方(西ローマ)に対をなす東方(東ローマ)の始祖教。ギリシャ正教とも呼ばれる。
代表的な組織に、ロシア正教会・ギリシャ正教会・ルーマニア正教会・日本正教会がある。
トルコ共和国イスタンブル所在のコンスタンディヌーポリ総主教庁が総本山にあたる。

◆東方諸教会
西ヨーロッパから見て東方に位置する地域で、東方正教会にもローマ・カトリックにも属さない
教派の総称。

◆参考

キリスト教史 (コンパクト・ヒストリー)キリスト教史 (コンパクト・ヒストリー)
(2007/08)
C.リンドバーグ

商品詳細を見る


キリスト教 (図解雑学)キリスト教 (図解雑学)
(2005/03)
挽地 茂男

商品詳細を見る


Wikipedia関連項
語源メモ 
◆部族編

フランク人
ゲルマン系。主要武器の投擲斧「フランシスカ(francesca)」に由来。
ガリア人と融合し、後のフランス人となる。

サクソン人
ゲルマン系。主要武器の刀剣「サクス(sax)」に由来。
大陸に残った大部分のサクソン人(ザクセン人/Sachsen:ドイツ語)は
後のザクセン公国→ザクセン王国→現在のドイツへ。
グレートブリテン島へ渡り、アングル人と合流したサクソン人は現在の
アングロ・サクソン人となって今日のイギリスの基礎を築いた。

アングル人
ゲルマン系。アングル=鉤から由来。元々いた北欧地域の地形が鉤に似ている
事から。グレートブリテン島に渡り、南部に定住すると、そこはアングル人の
土地「アングルランド(Angleterre)」→「イングランド(England)」と呼ばれる
ようになった。

ラテン人
ラテン系。伝説上のラテン人国家建国の王アエネアス(半神)の義理の
父「ラティヌス(Latinus)」(人間)に由来。ラテン人はラティヌスの末裔と
されている。
現在は民族では無く、文化・言語圏という意図で用いられる。
イタリア・フランス・スペイン・ルーマニア・ポルトガル等広範囲を指す。
フランクはゲルマン系だが、従属ローマ化の模範生であるため
ラテン文化の影響が色濃い。

ローマ人
ラテン系。伝説上のローマ建国の王「ロームルス(Romulus)」に由来。
ラテン人のうちローマ建国に携わった部族、又はローマ都市国家の
市民権を得た者を指す。
現在のイタリア(ローマ市又はその近隣の住民)・一部のルーマニア人。
ローマが語源のもの
ロマンティック街道(Romantische Strasse):ドイツ
「ローマへの巡礼の道」という意味。ロマンチック(romantic)、
ロマンス(romance)は「ローマ風・ローマ的な」

ケルト人
「ケルト」はケルト語で「戦闘」を意味する。
ガリア人を含む多くの部族の総称だったようだ。

ガリア人
ケルト系。ローマ人が出会ったガリアの民が雄鶏の旗印をつけていたこと
から、ラテン語で雄鶏を意味する「ガリス(Gallis)」から由来するといわれる。
ゲルマン系のフランク人と同化し、現在のフランス人となる。

ブリトン人
ケルト系。ブリトン=刺青から由来。ブリトン人は皆刺青をしていたらしい。
アングロ・サクソン人の侵攻によりブリテン島の西側に逃げたブリトン人
は現在のウェールズ、大陸に逃げたブリトン人は現在のフランス(ブルターニュ
:ブリタニアのフランス語系)。
グレートブリテン(大ブリテン)島に対する小ブリテンは、このフランスの
ブルターニュ地方を指す。

これ調べてる途中にヘタリア御本家のローマ帝国没漫画を見て、ローマじいちゃん
が属州だった現在の国からベタベタに好かれてたり、好きだけど複雑な心境を抱かれ
てたりするのを妄想して一人でによによしてました(゚▽゚*)
以下その妄想の産物。辛うじて残った恥じらいで追記にしときます(笑)

続きを読む »

La Marseillaise 
またもフランス革命ネタです。そしてニコニコ。



ロベルト・アラーニャが歌うフランス国歌ラ・マルセイエーズ
シラク大統領が映っているので、2005年or2006年のフランス革命記念日の
映像だと思われます。
国歌ネタの動画では結構人気なこの曲。世界一残酷な歌詞の国歌としても
有名です。この曲が作られた切欠のフランス革命は、ハプスブルグ家マリアテレジア
の末娘マリーアントワネットが引き金を引いた革命なので、ここでいう「奴ら」とは
オーストリアの事を指しています。元は軍歌なので歌詞が過激なのは当然として
この滲み出る血生臭ささは…曲調は良いんですけどね。

この記事書いてから、どうせ国歌ネタやるなら一昨日建国記念日だった自国のを
とぷち後悔したのは秘密…。当blog管理人は君が代=恋の歌説を熱烈支持しております!

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。