スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかいものにっき 
今日はDVDを四つも買っちゃいましたよ^q^*

MANOR HOUSE(マナーハウス)  英國発 貴族とメイドの90日 1 [DVD]MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 1 [DVD]
(2007/11/09)
趣味

商品詳細を見る

MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 2 [DVD]MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 2 [DVD]
(2007/11/09)
趣味

商品詳細を見る

MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 3 [DVD]MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 3 [DVD]
(2007/11/09)
趣味

商品詳細を見る

ヘタリア Axis Powers vol.2【初回限定版】 [DVD]ヘタリア Axis Powers vol.2【初回限定版】 [DVD]
(2009/05/22)
浪川大輔高橋広樹

商品詳細を見る


なんというイギリス祭り。
最近ずっと無骨軍事国家プロイセンのターンだったので
どちらかというと洗練されて無い素朴な英国文化も凄く華やいで見えます。
社会学や民俗学が大好物なのに、プロイセンは質実剛健やリベラルが過ぎて
国固有の文化があまり無い事が残念です。

……溜め込んでたイギリス関係の本も読まないと。
スポンサーサイト
恐怖の殺人通貨 
◆UKポンド ‐ UK pound

イギリスの通貨。単位は、ISO通貨コードはGBP
補助通貨はペンス - pennies 単位はp。100pで1£となる。
豪速高騰・急速落下の活発過ぎる変動率から、ついたあだ名が殺人通貨
発券元のイングランド銀行は、「スレッドニードル通りの老婦人」と称される。

そのイギリス通貨の新デザインが発表されたとの情報を頂いたので早速見
てみました。
ちなみに旧硬貨はこんな感じ。



左から2£/1£/50p/20p/10p/5p/2p/1p
エリザベス女王が微笑んでらっしゃいます。

そして新硬貨がこちら



左から1£/50p/20p/10p/5p/2p/1p
で、これを合わせると



イギリス王室の紋章になるデザインになっています。かっこよす(゚∀゚*)
このデザインは4000件集まった一般公募から選ばれた案で、採用者
にはデザイン料3万5千£(日本円で約713万円)が支払われたそうです。

……ところで、ヘタリアの国って自国の状況によって体調が変動するんですよね。
毎日のレートの変動は大きな体の変化には現れないまでも、何となく気分が
悪いとか、お腹の調子が…とか些細な事になって現れてたら萌えるなぁ(・∀・)

アメリカ→強靭なお腹。拾い食いしてもびくともしない
日本→そこそこ強い。ピンチには特効薬「日銀砲」を服用
イギリス→基本的に強いが変動が激しいため、しょっちゅうお腹を下す

お腹が弱い海賊紳士可愛いな……(笑)
ホルストは木星だけじゃないんだぜ 
Jupiter

グスターヴ・ホルスト (Gustav Holst)

20世紀に頭角したイギリスの作曲家。近年某芸能人が歌った組曲・惑星(The Planets)
木星(Jupiter)が話題になった事が、記憶に新しいですな。
ホルストといえばこの木星!というイメージですが、その他にも燃える曲を数多く残して
います。特に、行進曲好きの人にはたまらん英国然とした気品溢れるマーチは脳汁だらだら
ものでしょうw

というわけで、今日はマーチ好きな管理人が個人的にお薦めなホルストの楽曲を紹介
していきます。イギリス伝統民謡が好きな人は是非聞いてみて下さいな('∀`*)

 これより俺のニコ動クラシックマイリスが火を吹くので、ちょっと重めです

続きを読む »

図説 最悪の仕事の歴史 
英国の歴史は教科書に載っているような王室や政治家達だけが作ってきたものではない。
その他大勢の、もっと辛くて厳しい仕事をしてきた無名の人たちがつくってきたのだ……。

図説「最悪」の仕事の歴史図説「最悪」の仕事の歴史
(2007/09/21)
トニー・ロビンソン

商品詳細を見る

著者トニー・ロビンソンは、こうした人々のことを
退屈な社会史学の内容とならずに語ることは出来まいかと模索を続け
英国のテレビ局「チャンネル4」の体験番組「The worst jobs in History」
を切欠とし、自らも行った危険かつ不衛生な仕事の体験談を元にして
本書を発行するに至った、と述べている。

海抜100mの断崖絶壁での懸垂下降
尿の入った樽にはだしで入る
鉄製の轡をはめ、市内中をひきまわされ
水責め椅子の刑に処され
汚臭にまみれた動物皮を何時間もかけてなめす

これらは本書で紹介された仕事の一部であるが、著者の体験した仕事で
また実際に中世からチューダー・スチュアート・ジョージの各王朝を経て
ヴィクトリア時代、職種によっては20世紀初頭まで残っていたものもある
まさに最下層で英国を支えてきた人々の、生きる為の「仕事」である。

 テーマ上不快感をもよおす場合がございます
  苦手な方は観覧をお控え下さい。

続きを読む »

大英帝国という経験 
『物理的には離れているが文化的には近く
うれしいほど似ているがいらだつほど異質であるという
謎めいた逆説的な人々であったし、今もそうなのだ』


かつてアメリカとイギリスの関係をこう呼んだ人が居たそうです。

大英帝国という経験大英帝国という経験
(2007/04/18)
井野瀬 久美惠

商品詳細を見る

大英帝国関連の書籍というと、著名人を主役に戦史や経済史を語る
形式のものが多いのですが、この本は国民のアイデンティティ(自己同一性)
の視点から書かれており、より身近な観点からの英国像を感じられて
引き込まれるままに読了してしまっていました。

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。