スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰得?いいえ、俺得です 
モルトケはデキる男。
アクの強い男ビスマルクやちょっと頭の固い王様に振り回されたりもするけれど。
そんな彼が主役の動画を見つけました。



;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )
アイドルステップ…だと!!?
スポンサーサイト
文久遣欧使節団に見る国際情勢 …のとっかかりメモ 
青箱 文久遣欧使節団概要

1862年にヨーロッパへ派遣された、日本においては3回目の使節団。
安政の五ヶ条のうちアメリカを除くヨーロッパ4ヶ国と結んだ
修好通商条約のメイン条約である開市開港の延期交渉が主な目的。

アメリカには行ってウチには来ないの?それに開港延期したいなら
本国へ直接交渉しに行ったほうが早いんじゃない?
という英仏両公使の提案を受けて、日本人が初めて公式に欧州諸国を
訪問するという、当時としては色々画期的な出来事です。
ついでに当時の先進国である各国の文化を視察するのも重要な任務でした。

青箱 1862年頃の欧米諸国情勢

・オーストリア帝国
イタちゃん(の一部)に逃げられ傷心中
然し腐っても大国、まだまだ余力あり。

・プロイセン王国
ビスマルクが宰相就任
有名な「鉄血政策」を唱える
ドイツ統一を目指す快進撃への序章が垣間見れる

・グレートブリテン及びアイルランド連合王国
産業革命最盛期
パクス・ブリタニカを謳歌中

・フランス帝国
第一帝政の威光貯金を切り崩しつつの第二帝政運営中
ベトナムを獲得するが落ち目感は否めない

・ロシア帝国
前年の農奴解放令により近代化への道を歩み始める
クリミア戦争の敗北により、ロシア全土が資本主義に憧れた時代

・アメリカ合衆国
南北戦争真っ最中
この後南部を手に入れた合衆国は「金メッキ時代」と呼ばれる
浮付いた拝金主義と腐敗政治が横行する独占資本の時代へと移行する

・日本国
幕末
薩英戦争への引き金となった生麦事件が発生
国外からの干渉で日本中の上から下まであたふたしていた時代

青箱 行程

・往路

日本国
江戸
長崎

英領香港

英領シンガポール

英領セイロン
ゴール

英領イエメン
アデン

英領エジプト
スエズ
カイロ
アレキサンドリア

英領マルタ

フランス帝国
マルセイユ(4.3)
リヨン(4.5~4.7)
パリ(4.7~4.29)
カレー

グレートブリテン及びアイルランド連合王国
ロンドン(4.30~6.12)
ニューカッスル(滞在中に周遊)
リヴァプール(同上)
ヴァーミンガム(同上)

オランダ王国
アムステルダム(6.13)
ハーグ(6.14~7.16)

ドイツ連邦
プロイセン王国・ケルン
ハノーファー王国・ハノーファー
プロイセン王国・ベルリン(7.18~8.5)
同上・シュテッティン(8.5)

ロシア帝国
クロンシュタット
サンクトペテルブルグ(8.8~9.17)

・復路

露領カウナス

ドイツ連邦
プロイセン王国・ベルリン(9.19~9.21)
ハノーファー王国・ハノーファー

フランス帝国
パリ(9.22~10.5)
ロシュフォール(10.6)

ポルトガル王国
リスボン(10.6~10.25)

英領ジブラルタル

英領エジプト
アレキサンドリア
カイロ
スエズ

英領セイロン
ゴール

英領シンガポール

英領香港

日本国
江戸

青箱 つぶやき

福沢諭吉のチート人生は凄い。
こんなに才能溢れる人があの時代にしょっちゅう海外へ渡航してて
毎度よく無事に帰ってこれたもんだ。
当時の英領多すぎ吹いた。
英領辿ってヨーロッパまで行けるのかよw
視察に行くにはちょうどいい年っぽい。
2年前にポルトガル内戦が終わって4年後に普墺戦争がはじまるから
珍しく(?)欧州で大規模な動乱が無かった時期。
英仏露蘭は交渉とかでピリピリしてたけど
あんま関係無かったドイツ(プロイセン)では視察が主な目的で
ドイツ人案内人引っ張り回して毎日毎日お出かけしてたらしい。かわいい。
日普修好通商条約の詳しい内容が知りたい。
他の不平等条約と違って日普は無理に開市開港しなくていいよーゆっくりで
みたいなノリだったらしい?
兄弟そろって困ったちゃん 
時はクリミア戦争
弱った土という御馳走をめぐって仏露の二大国が火花を散らしていた
その火花の下で猛烈に困っている国がいた プロイセンである
なぜなら露戦線に向かう仏軍が自国内を進軍させろと要求してきたからだ


<各国の腹の中>



大ナポ伯父様みたいに華麗な戦歴が欲しいんだよね
ウィーン体制とか糞喰らえだあの時の屈辱は忘れねえ
厄介な英は植民地にかまけてるし墺の力は弱まりつつある
残る露を土を助けるという大義名分の下に潰せるチャンス!
だからそこを通させろよ弱小国(笑)


仏を北上させる理由などありませんね
これを利用して生意気な普を支配下に置くべく
二国中立同盟を申し込むとしましょうか
もし戦争になっても普が対仏最前線ですからわたくしのお財布は傷みません
上手くいけば英仏との交渉のカードになってくれるかもしれませんし
貴方の、ひいてはドイツ統一の主導権を握るのはこのわたくしです


不凍港ほしい不凍港ほしい不凍港ほしい不凍港ほしい不凍港ほしい
エーゲ海って素敵だよね
何か土のところで僕んち派(正教)の人が危ないらしいよ
これは軍事介入するっきゃないよね~^^


エーゲ海まで来られたら俺んちの支配下の地中海まで目と鼻の先じゃん
まじでお前南下して来るなよ
欧州に関わる気は無いが、しょうがないから仏と組むか…


まわりを欲望渦巻く大国たちに囲まれたプロイセン
露側・英仏側・墺側 どこについても行き先は開戦の可能性じごくである


('A`)オットー・フォン・ビスマルク
   普を代表する一流外交官に出世
   最近の趣味はフランクフルトに在中する各国家大使と仲良くする事

(´ゝ`)ヴィルヘルム王太子
   現王の弟 後のドイツ初代皇帝ヴィルヘルム1世
   軍人肌の新保守(自由保守)派
   超保守派のビスはあんまり好きじゃない
   困ったちゃんその1

(´v`)フリードリヒ・ヴィルヘルム4世
   優柔不断の現王
   子供時代に大ナポ軍に追い回されているので仏が無茶苦茶怖い
   困ったちゃんその2


<どう出る!?クリミア戦争 take.1>


(´ゝ`)我が国はどうすべきか卿の意見を聞きたいのだが
('A`)(各国の腹の中を説明)…ですので戦況次第では墺が参戦
   我が国の墺連合軍への加担の可能性が高うございます
(´ゝ`)墺も露も神聖同盟の一員だぞ
   墺はそれを破ってまで進軍する程あこぎかね?
('A`)国益が望めればやるでしょうな
   墺と組んでの中立同盟は厄介事も増えます
   ですので単独での中立が一番かと
(´ゝ`)しかし中立ではロシアが苦しむ
   あの横暴な君主体制には我慢ならんが露帝は我が弟だ
   露への被害を抑える為にも墺と組んで早期に降伏させるのだ
('A`)どんな理由でも対立は対立
   露が納得するとは思えな…
(´ゝ`)理解させるのだ
('A`)(誰だよこんな戦略入れ知恵したの…)
   お言葉ですが殿下、その前に神聖同盟に則って
   露が支援を求めてくる可能性が高いと存じますが
(´ゝ`)それはならん
   英仏連合に勝てるわけがない
('A`)では中りt
(´ゝ`)だからそれはダメなんだってばっ!

その頃、国王の元にウィーン臭い仏軍からの手紙が届いていた

拝啓プロイセンの王様
ロシアに行きたいので通させるか
オーストリアと中立同盟を結ぶか
どっちか選んでね かしこ

(;;´v`)仏はやばいよ仏は
    すぐ中立同盟に調印だ
Σ(´ゝ`)ちょっ
Σ('A`)ちょっ


<どう出る!?クリミア戦争 take.2>


リゾート地で静養中の国王が突然ビスマルクを呼び寄せた

(´v`)日光浴しないの? ←水着姿
('A`)いえ、わたくしは熱いコーヒーを頂きます
   (8月の終わりと言えど、ここバルト海だぞ)
   ところで陛下、今日は何用でございましょうか
(´v`)この前は勝手なことしてごめんね
   ところで余はすごい発見をしたんだぞ よく聞け
   土は回教、露は正教、仏伊の旧教に英と我が国の新教だ
   今度のクリミア戦争はこの4教の戦いだ
   余が思うに、一番最初に負けて欲しいのは回教
   次いで正教、旧教の順だ
('A`)なるほど、大発見でございますね
   (のんきな王様だ…今度は何を言い出すのかね
   嫌な予感しかしないが)
(´v`)卿は今や我が国一の外交官だ
   余の我侭を叶えてくれぬか
   つまり、土が負けて最後に英が勝ち残るような戦況に組み替えてほしいんだ
('A`)そ、そんな無茶な
   そもそも土と英は同盟国でございます
(´v`)いや、卿の力ならできる!
('A`)(だめだこいつ、はやく何とかしないと…)

***

('A`)(落ち着け俺…そうだ、コーヒーだ
   コーヒーを飲んで落ち着くんだ…
   焦らずこのピンチを乗り切る言い訳を考えるんだ…)
(´v`)王政を布く露が敗れるのもつらいな
   義弟もいるし、露は勝ちも負けもしないようにできないかな
('A`)(お ま え も か)

***

('A`)陛下…今戦闘中の相手を簡単には…組み替えられません
(´v`)うん
('A`)今回の戦争当事者5カ国に和平を呼びかけ停戦を提案できるのは
   ウィーン体制参加国で今回参戦していない我が国と
   バチカンのみである事をご認識下さい
   まずは各国に恩を売り、その後陛下のご希望を叶えるべく
   戦陣を組み替えるというのは如何でしょうか
(´v`)うい奴
   さすがは卿だ 冴えておるな
('A`)ありがとうございます
(´v`)おい、誰か卿にコニャックを運ばせろ
('A`;;)(助かった…)


兄弟って似るんだね。それも悪い方向に!www
このクリミア戦争の章での名言はダントツでこれ
「なにかとかこつけての軍事介入、これが列強の行動力学である」
ほんとその通り…
このへんの時代の欧州国って全部これやってる。
手探りの外交なんぞ皆無、武力チラつかせて「言うこと聞け」が基本。
のんびり鎖国なんかできたアジア情勢とは比べ物にならないアクティブさですね。

書いてて楽しかったので、誰得なのには目をつむってまたやりたいです^q^
宗教についてのメモ 
ドイツ騎士団の特徴

・清貧、貞節、服従を誓う点は先駆者達を範としている
・入団者はドイツ語圏出身者に限られていた
・ドイツ語圏出身者の巡礼のみを保護対象としていた

先駆騎士団の中でドイツ人は少数派であった為ドイツ軍との協力を嫌った。
そこでドイツ人巡礼者保護の為に組織されたのがドイツ騎士団である。

教皇様の斥候で東方教化を担ってたばりばりのカトリックから
同教だからイギリスと一緒に戦争勝とうよとまで王様に言わせる程
国教としてプロテスタントが浸透するまでに一体何があったのか?

・宗教改革時代にドイツ騎士団領の全てが世俗領主に譲渡される
・同様の時代に騎士団員に分裂が生じる(新教派の出現)
・旧教派だった騎士団長がルターに感銘を受け部下と共に改宗
・1809年まで残った旧教派騎士団は教会財産国有化によって廃絶となる

紆余曲折があった訳では無く時代の流れに沿ってゆるやかに変化していった様である。
騎士団長(初代プロイセン公)が何故改宗に至ったのかは不明
本当に感銘を受けただけなのか、政治的な意図があったのか。
当時のポーランド王国とも関係していそうだが…
引き続き関係資料の収集にあたる事とする。

***

キャラソンとか聞いてるほうが恥ずかしくなる
そんなふうに考えていた時期が
私にもありました…



サビ部に洗脳されまくってます
眉毛ならまだしもロマーノたぁノーマークだったぜ(´ー`)あもーれ!
フリド4世←←←←←ビス 
ちょっと読んだだけで萌え殺されそうな場面が盛り沢山で困る

鮮烈・ビスマルク革命―構造改革の先駆者/外交の魔術師鮮烈・ビスマルク革命―構造改革の先駆者/外交の魔術師
(2009/03)
前田 靖一

商品詳細を見る


('A`)オットー・フォン・ビスマルク
   プ王国国会の核弾頭 怖いのはカーチャンと王妃
(´v`)フリードリヒ・ヴィルヘルム4世
   夢見る天然さん いい人

<初謁見>

('A`)けっ でかい宮殿に住みやがって
   安っぽい成金趣味の内装だな
   素材も遠目には綺麗だがしょぼいのまるわかり
   お、王が来たな…
   新聞記事そっくりじゃねぇかwww
   四角い顔のデブwwwテカりデコきめぇ愚王がpgr

(´v`)やぁ君が国会で暴れて活躍してるビスマルク卿かい
    今後も期待してるよ

('A`)……!!!!
   (俺まだ紹介もされてねぇのに…俺の事知ってた!
    ふおおおおおおおおおくぁwせdrftgyふじこ
    バカ王だけど俺がささえてやらんと)

<一ヶ月後>

('A`)→新婚旅行中 
(´v`)→家族旅行中 イタリア大好き
たまたま行き先がかちあい一緒に食事をする事に

(´v`)イタリアの赤ワインは最高だね
('A`*)そうですね(一介の代議士なのに一緒に食事とか俺SUGEEE)
(´v`)今度作る迎賓館もメディチ風にするんだよ ほらこれ外観図
('A`*)すごいですね
(´v`)(延々とイタリア大好き話)

(´v`)ところで昔君の母君に遊んでもらった事があるんだよ
('A`*)えっ……!!!!
(´v`)花輪を「殿下、どうぞ」って片膝ついて僕にくれたんだよ
    綺麗だったなぁ 今でも忘れられないよ
('A`*)(カーチャン…王… 感激!!俺一生この人を守るよ)


フリド大王さんにもたいがい萌えたけどこの二人のかけあいは可愛すぎる…!!1!
ビスマルクは超王党派だからプと仲良しさんだといいなっていう妄想
王様そっちのけで二人で仕切ってドイツ統一の作戦とか考えてるといい
ビスマルクはフリド4世の為、プはドイツの為に目的が合致してる仲間みたいな
おっさん輝いてる 
久しぶりに本を大人買いしました

・足洗邸の住人たち。9巻 初回限定版
・世界服飾史
・ヴィクトリア朝の生権力と都市
・鮮烈・ビスマルク革命 構造改革の先駆者/外交の魔術師

大好きな足洗邸を鼻息荒く堪能した後に
世界服飾史のポンパドゥール夫人のドレスで脳酸素溢血死寸前まで逝きかけました
ローブ・ア・ラ・フランセーズ!ローブ・ア・ラ・フランセーズ!!( ゚∀゚)o彡°
ポンパドゥール夫人と幼少期のテレジアたんの可愛さは殺人的

今読んでるビスマルクの本で、堅物の豪傑的イメージだったビスマルク像が崩れました
ただのハジけたおっさんやないか(笑)
王の丘 後編 
カリーニングラード
前編で纏めきれなかった用語を解説していきます。
主観入りまくりなのは仕様です。

あと画像多目なので重いかもしれません。

続きを読む »

王の丘 前編 
ケーニヒスベルグ城
今まで此処に関してはボンヤリとした知識しか持ち得ていなかったので、旧プロイセン王国首都ケーニヒスベルグ[Königsberg]から現ロシア連邦領カリーニングラード[Калининград]に至るまでの経緯をドイツ騎士団プロイセン王国の歴史に絡めながら、時系列順に簡素に纏めてみようと思います。
以前に英仏百年戦争まとめをやりましたが、色んな本、資料、HPと睨めっこしながら全体の流れを掴むのは大変でした。が、後で読み返してもわかり易いように、自分なりに試行錯誤しながらまとめていると、自然と身について覚えられるのが不思議です。年号までは厳しいですけどね…。

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。