スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履行←これ読めなかった 
ニホンゴむずかしい中の人涙目
さて、前回に引き続きかっこいいイタリアのおはなしです
ローマ最盛期以降で男義溢れるかっこいいイタリアはこの時期だとおもう

時は19世紀後半。
統一国家としてのイタリア王国を成立させたイタリアは
残る旧イタリア領のヴェネト・トリエステ・ティロル等の奪還に躍起になっていた。
そこでオーストリアとドイツ統一を巡って争う新興国家プロイセンに目をつけ
普墺戦争(7週間戦争)に組し、完全なるイタリア統一を図ろうとした。
第三次イタリア独立戦争のはじまりである。

<各国の思惑>


小ドイツ主義のドイツ統一には打倒オーストリアが必須
ロシアには先の戦争で大きな貸しがあるから背後はほぼ安心
植民地支配に明け暮れ欧州に目を向けないイギリスは無視していい
最大の問題はフランスの介入を防ぐことだ


プロイセンと共同獲得したエルベ公国をプロイセンにカツアゲ同然に売らされました
国民の怒りは凄まじいし、財政難だけどプロイセンとの軍事的衝突は避けられない


今は欧州に目もくれないが、いつかイギリスは最大の敵になる
その為にも同盟を組むべき中規模国家は多いにこしたことはない
(でも北ドイツ統一はちょっと大き過ぎるかな)
ぶっちゃけ欧州の混乱は歓迎だよ~☆


前回フランスに裏切られたけど今度こそ残る祖国の地を取り戻そう
統一イタリアにはヴェネツィアやトリエステ・チロルが必要だ


***


<各国同士の密約 / 時系列順>

仏⇔普
・マイン川以北の北ドイツ統一国家設立なら黙認する
・普伊間の軍事同盟成立を支援する
・フランスによるベルギー・ルクセンブルグの併合に同意する
・ライン川左岸のプロイセン領をフランスへ譲渡

普⇔伊
・普墺戦争開戦と同時にイタリアの参戦義務
・同盟国に無断で終戦できない
・プロイセンのエルベ公国併合とイタリアのヴェネト州奪還を認めあう
・三ヶ月以内に開戦なき場合条約は失効する

仏→伊
・プロイセンとの軍事同盟締結を推奨

仏⇔墺
・フランスは厳正中立
以下オーストリア勝利の場合に限る
・プロイセンのライン川左岸を新独立国とする
・フランスはオーストリアの領土拡大を容認する
・ヴェネト州をイタリアに返還する

ここでオーストリアとの方に利があると確信したフランスは
仏墺密約に従って、早速イタリアに圧力をかけてくる。

仏→伊
・普伊密約を解消すべし
・上記が守られた場合、ウィーンはヴェネト州を無償で返還する

フランスは普墺どちらが勝ってもライン川左岸を手に入れる。
同上でヴェネト州をイタリアに返還できる。
外交で三枚も四枚も上手なフランス皇帝ナポレオン三世はパリから一歩も動かず
自軍を一人も動かさずして領土を手に入れようと画策したのである。
しかしここでフランスの計算が狂った。

――新興なった統一国家イタリアの名誉の問題だ。今更友邦を裏切れるか。

として、イタリアは普伊密約の履行をナポレオン三世に回答した。
フランスに従えばヴェネトを無償で手に入れられたが、フランス経由で取り戻すより
戦って奪い返せと満場一致で採決したイタリア国会はかっこよす*´q`
でもさんざ褒めといてあれだけど、イタリアだからしっかりオチもあるよ!↓


***


しかしこの後調子に乗ってエチオピアに攻めたイタリアは当時の最新装備
(飛行機・戦車等)を用いて、更に宣戦布告無しでエチオピアに侵略戦争をしかける。
武器は槍・弓矢・火縄銃・運搬手段は馬車・伝達手段は太鼓か狼煙のエチオピア軍に
イタリア戦線は崩壊の危機を迎え、毒ガスまで使って辛くも勝利をおさめた。
…イタリアが弱すぎるのかエチオピアが強かったのか。
ともかく、これが20世紀半ば、ほんの75年くらい前の戦争とは思えない(゚∀゚;)


***


【履行】り‐こう

名](スル)

1 決めたこと、言ったことなどを実際に行うこと。実行。「約束を―する」

2 債務者が債務の内容である給付を実現すること。
  履行は債権の効力の面から、弁済は債権の消滅の面からとらえていう語。

だ、そうです。


***

キモい妄想なのでひっそり主張。
唐突に英←←←普がまいぶーむです
先進国イギに淡い憧れを抱く新興の後進国プだけど
憧れの先輩は金でなんでも解決するド外道海賊様でしたみたいなの
イギのキャラソン予約したお!楽しみすぐる^^
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。